風に吹かれていただけさ

へっぽこライダーのぶらり旅記録

潮岬キャンプツーリング 2日目

更新をサボっている間にキャンプから1ヶ月過ぎてしまった。
覚えている範囲でレポートの続きを。

2015-01-25 晴れ

潮岬→(酷道 R371)→中辺路

ライダーの朝は早い...こともなかった。
7時過ぎぐらいにテントを抜けだしてぶらぶらお散歩。

f:id:marogarita:20150301234509j:plain
朝日がさして徐々に気温が上がってきた。それでもやっぱり寒い。

f:id:marogarita:20150301234534j:plain
本州最南端の碑。
ここには結構な回数来ているけど、やっぱりあんまり最果て感を感じない。

f:id:marogarita:20150301234423j:plain
テントを張れる場所のすぐそばに駐車場があり、便利。
オンシーズンは混むんだろうなあ。

のんびり朝ごはんに袋麺をつくったり、寝袋を干したりして
うだうだ撤収していたら、潮岬を出発できたのは10時前頃になってしまった。
まあ、あとは家まで帰るだけなんだけれども。

ただ、行きに通って来た道を帰るのは面白く無い。
紀伊半島の山岳ルートを満喫すべく、R371を経由して北上することにした。

f:id:marogarita:20150302221503j:plain
.....。
しばらく行くと、道が無くなってしまった。
さすが紀伊山地。国道の不通区間なんて当然のように出現する。

f:id:marogarita:20150301235215j:plain
通ってきた道もこんな有り様で、後に引き返すのも億劫である。

ツーリングマップルによると、
舗装林道で不通区間の反対側の突端まで抜けられるとのこと。
一抹の不安を感じながらも、写真に写っている橋を渡って林道へと向かった。

その道中はというと、山肌から人の頭大の岩がゴロゴロ落ちてきてるし、
なかなかの急坂の上に崖側は崩落していたりで、結構スリリングな林道だった。
ダートがなかったのが救いである。

f:id:marogarita:20150301235901j:plain
1時間弱ほどグニャグニャ曲がりくねった林道を進んで、
ようやく国道の反対側の突端に到着。

しかし狭路はこれで終わりではなかった。
R371も林道と同レベル、いや幅員だけで言えばそれ以下の細ーーーい道が延々と続く。
あまりにもワインディングが続き過ぎ、だんだんと集中力が落ちていく。
全く対向車に遭遇せず、1時間以上進みようやく、R311まで出ることができた。

R311は2車線の快適道路。
交通量もあまり多くなく良いペースで進み、道の駅中辺路で休憩。

f:id:marogarita:20150302000526j:plain
和歌山ということで、秋刀魚寿司を売店で買ってお昼ごはんにした。
なにもこんな山の奥で買わんでも、とか言わない。

f:id:marogarita:20150302000742j:plain
お昼を食べていると、大型バス+パネルトラックの編隊で、
舞鶴基地所属の海自音楽隊が登場。
パネルトラックも自衛隊ナンバーなんだね。(バスは一般ナンバーだった。)

中辺路→(R168)→十津川→(R369)→針→(名阪・東名阪)→名古屋

中辺路からは十津川を経由して帰ることにした。
R168も狭路はまだ残っているけど、ずいぶん快適になった。
十津川に小さい時に行った、恐ろしく秘境的な感じを受けなくなったのはそのせいか。
道の駅十津川郷で小休憩した以外は走り続け、名阪道に乗るべく針テラスに向かった。

f:id:marogarita:20150302001430j:plain
針テラスの天スタでラーメンを食べて腹ごしらえをしてから、
名阪国道東名阪道経由で20時前には帰名。
なかなか充実したキャンプツーリングだったように思う。

f:id:marogarita:20150302001648j:plain
走行距離:369km