読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれていただけさ

へっぽこライダーのぶらり旅記録

四国キャンプツーリング 3日目

2015/05/04 雨のち晴れ

朝のうちは雨が降りつつの撤収となりました。
四国カルストの方面にも分厚い雲が...。

この日のうちに愛媛入りしておかないと、
GW期間中に帰れなくなる可能性があったので、
残念ですが、カルストはパスすることにしました。

しばらく走り続け、石鎚山にさしかかるあたりで
前回給油時から走行距離にして180キロが経過。
燃費はそれなりに良い(40km/L程度)とはいえ、
タンク容量があまり大きくない(7L)ので
出来れば早めに給油しておきたいところ。

ナビでGSを探すも、
15分ほど前に通り過ぎたGSが最寄りとの案内でした。
行けるだろう、と踏んだここでの判断ミスによって
あとで痛い目をみることに...。

そんななか訪れた目的地の瓶ケ森林道は、
路肩に駐めることさえ躊躇われるような
ものすごい濃霧で、周りの景色は何も見えませんでした。。。

f:id:marogarita:20150604215949j:plain
さんざんな思いで林道を脱出し、
憂鬱な思いでガソリンの残容量を確認したところ...

f:id:marogarita:20150604220049j:plain
すっからかーん。
燃料ポンプが完全にガソリンから露出していました。
おそらく10キロは持たなかったでしょう。

f:id:marogarita:20150604220239j:plain
こんな山の中でのガス欠 /(^o^)\


幸い停車した場所が駐車場になっており、
携帯の電波は通じたので、レスキュー申請しました。

1件目:(任意保険付帯のロードサービス)
 オペさん 「ファミバイ特約の車両はサービス対象外です。」
 わたし  「Oh....」
 オペさん 「JAFなりに助けてもらってください」

わかってはいたけど、案の場な対応でした。

2件目:(ブイストさんのJBRロードサービス)
 オペさん 「助けにはいけます。だけど有料作業になります。」
 わたし  「おいくら万円?」
 オペさん 「基本2万で、過疎地だからさらに出張料がかかります。」
 わたし  「時間は?」
 オペさん 「2時間は見ておいてもらいたいです」
 わたし  「ちょっと考えさせてください」

ガス欠に3万の出費は痛すぎます。
最期の望みでJAFにかけます。

3件目:(JAF
 わたし  「JAF入ってないんですケド...」
 オペさん 「非会員価格になりますが、助けにいけます。」
 わたし  「おいくら万円?」
 オペさん 「8800円」(←ガス込みでこのぐらいだった気が)
 わたし  「お願いします。時間は?」
 オペさん 「1時間で到着します。ガソリン何L入りますか?」

バイクのガス欠の場合、10Lか1Lか選べるということでした。
KLXのタンク容量は小さいので10Lも入りません。
ですがここは人里離れた山の中。
1Lでは麓までたどり着くかが怪しい状況です。

 わたし  「10Lは入らないのだけど、1Lだとちょっと...」
 オペさん 「対応できるか確認します...。」
       →「山の中と言うことで今回のみ3Lお持ちします。」


https://instagram.com/p/2P8ULoRToC/
JAF神対応により、何とか下山することが出来ました。
奥深い山の中まで駆けつけてくれたJAFのおじさん、ありがとうございました。


f:id:marogarita:20150604222142j:plain
その後は今治まで抜けて、大角海浜公園キャンプ場で宿泊。
早めの給油が大事なことを身をもって体感した1日でした。


f:id:marogarita:20150604222154j:plain
走行距離:193km


4日目(最終日)に続く...